診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 生活習慣病の予防と治療

生活習慣病の予防と治療

糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、誰もがかかる可能性のある病気です。
ただ、ある程度病気が進行していても、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を発症するまでは自覚症状がないことが多いので、健康診断などで指摘されても「痛いところはないし、まだ大丈夫」「症状が出たら受診しよう」と思って放置してしまうことが少なくありません。
生活習慣病の治療のポイントは医師とコミュニケーションを取り、目標を決めて治療を継続していくことだと思います。
そこで、当院では患者様の治療意識を継続できるよう、HbA1c、血糖、コレステロールの結果が当日わかるように院内検査機器を導入しております。しっかりと生活習慣病を治療することで脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの予防につながります。

また「体調が悪いのだけれど、何科にかかったら良いのかわからない」「なんとなく調子が悪い」などという場合もご相談ください。炎症反応(CRPや白血球)や貧血の程度(Hb)を院内でチェックすることができるので、緊急性のある病気かどうかを判断することができます。診察の結果、入院加療、専門医診察などが必要と判断した場合は、相応しい医療機関や専門医へ紹介させていただきます。

こんな方はご相談ください

  • HbA1cやコレステロールの検査結果を診察当日に知りたい
  • スギ薬局やドミーの買い物ついでに受診したい
  • 健康診断で異常値を指摘された
  • 異常値というほどではないけれど、数値の変化が気になる
  • 他院で診断がおりているので、いつものお薬を処方してほしい
  • 保湿剤や湿布、風邪薬がほしい

院内にある検査機器

検査当日に患者さんに結果をお伝えできるようにするため、基本的な検査を院内で行えるようにしました。

院内血液検査機器
HbA1c、コレステロール、CRPなど、生活習慣病の診断・管理に必要な項目を調べることができます。
院内検査機器
白血球3分類を含む19項目を含む血液検査が可能です。
超音波検査(GEヘルスケアLOGIQ V5 EXPERT)
超音波を使って身体の内部を調べる検査です。内蔵の状態を見たり、頸動脈の血管のつまり具合などを診ることができます。妊婦さんの胎児を確認するときに使われる検査で、全く苦痛はありません。
心電計
心電計を使って、不整脈や狭心症などの検査をします。
尿検査機器
尿に糖や蛋白、潜血が含まれていないか診断します。
レントゲン(SHIMADZU)
主に肺の検査に使用します。レントゲン撮影で、肺炎かどうかがわかります。

初診の方へ

  • 当院の胃カメラの特徴
  • 当院の大腸カメラの特徴
  • 下剤を飲まない大腸カメラとは
  • 腹部超音波検査・その他の検査
  • 生活習慣病の予防・治療
  • おしりで困っている人へ
  • 胃・大腸カメラを含む健康診断
  • にんにく注射・プラセンタ注射・点滴
  • ワクチン
  • ED剤・AGA治療薬