診療内容

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 下剤を飲まない大腸カメラ

下剤を飲まない大腸カメラ

大腸カメラのための
下剤を飲むのがつらい方へ

検査前のたった数時間で、約2リットルの大量の下剤を飲むのは、つらいですよね。
「大腸カメラは検査より、検査前の下剤を飲むほうがつらい…」「下剤を飲まなくてよいのであれば、毎年受けられるんだけどね…」と言われる患者さんも多いです。 そこで当院では、検査前の下剤が飲めない方のために、下剤を飲まない大腸カメラを行っています。

患者様の声へリンク

胃内視鏡的洗腸液注入法(GEII)と呼ばれるもので、内視鏡を使って直接下剤(腸管洗浄液)を十二指腸に送り込む方法です。
鎮静剤を使用しながら眠った状態で胃カメラを行い、胃カメラ終了後、胃カメラを通して下剤を十二指腸に直接入れるので、まずい下剤を口から飲むことなく、腸に届けることができます。
大腸カメラ前に胃カメラの検査が必須になります。検査の適応にはいくつか条件がありますので、医師とご相談ください。

胃カメラ検査施行

十二指腸で下剤注入

胃で下剤注入

検査の流れ

~11:00
大腸カメラ前の食事制限をした状態でクリニックへ来院してください。
11:00頃
トイレ付き個室で着替えて頂き、検査の準備ができましたら、まずは鎮静剤を使い眠っている状態で胃カメラを受けていただきます。
胃カメラ観察後に、そのまま内視鏡をつかって下剤を直接十二指腸に注入します。
胃カメラ終了後、10-15分程度で鎮静剤の効果が切れて目が覚めます。
目が覚めた後は大腸カメラの準備ができるまでトイレ付き個室でおくつろぎください。
12:00頃
下剤注入後30分程度で排便が開始され、1~2時間程度で便がすべて排泄され、大腸カメラができる状態になります。
13:00~
15:00頃
検査の準備ができましたら、鎮静剤を使って眠っている状態で大腸カメラを受けます。鎮静剤使用後、1時間程度簡易ベッドで安静にしていただきます。
15:00~
16:00頃
診察室で胃と大腸の検査画像を確認しながら、医師から検査結果をお話しいたします。

メリット

  • 大量の下剤を飲まなくて済む
  • 洗腸時間が早く、お尻への負担が少ない
  • 1日で、胃カメラと大腸カメラができる

デメリット

  • 同時に胃カメラを受ける必要がある。

※下剤を飲まない大腸カメラには、年齢、腹部手術歴、便通状態などの確認が必要になります。
ご希望の方は、事前診察の際に「下剤を飲まない大腸カメラを希望」とお伝えください。

初診の方へ

  • 当院の胃カメラの特徴
  • 当院の大腸カメラの特徴
  • 下剤を飲まない大腸カメラとは
  • 腹部超音波検査・その他の検査
  • 生活習慣病の予防・治療
  • おしりで困っている人へ
  • 胃・大腸カメラを含む健康診断
  • にんにく注射・プラセンタ注射・点滴
  • ワクチン
  • ED剤・AGA治療薬